日テレNEWS
社会
2020年12月29日 18:09

あすから数年に一度の寒気 交通障害に警戒

あすから数年に一度の寒気 交通障害に警戒
(c)NNN

「数年に一度」の強い寒気が南下するため、30日から元日にかけて、日本海側を中心に大雪となり、西日本の平地でも雪の積もるおそれがあります。

上空の寒気の予想です。氷点下12度の強い寒気が西日本まで南下する予想で、九州では記録的に強い寒波の襲来となりそうです。

30日は北陸で雨から雪に変わり、大晦日は、東海や四国、九州でも雪の積もるおそれがあります。また、北陸から北の日本海側では、元日にかけて吹雪が続き、大雪となるでしょう。

30日夕方から大晦日にかけて、予想される雪の量は、北陸で70センチから100センチ、近畿、中国地方で50センチから70センチ、九州や四国でも10センチから40センチ。元日にかけて、さらに大雪の続くおそれがあります。

国土交通省は、立ち往生など交通障害に警戒し、不要不急の外出を控えるよう、呼びかけています。