日テレNEWS
社会
2021年4月15日 12:08

沖縄・津堅島 住民への一斉接種開始へ

沖縄・津堅島 住民への一斉接種開始へ
(c)NNN

沖縄県うるま市の離島・津堅島で15日、新型コロナウイルスワクチンの住民への一斉接種が全国に先駆けて始まります。

津堅島は人口およそ380人で、うち65歳以上の高齢者は200人ほどです。人口の少ない離島では高齢者だけでなく一般住民への同時接種が認められており、うるま市は接種の効率を考えて、16歳以上の全住民およそ370人への一斉接種を決めました。

15日朝、市の職員と医師らが、ワクチンとともに高速船で津堅島へ向かいました。午前中は、島内の高齢者施設で入所者と職員への接種を行い、午後からは、津堅小中学校の体育館で住民への一斉接種を行います。

市は、18日にも接種日を設けて、16歳以上の全住民の1回目の接種を終わらせ、5月上旬には2回目の接種も終わらせる計画です。