日テレNEWS
社会
2021年4月21日 19:06

愛媛・松山市で“走らない”聖火リレー

公道での聖火リレーが中止になった愛媛・松山市。ランナーが走らない異例のかたちで行われました。

かたちを変え、21日に行われた愛媛・松山市での聖火リレー。愛媛県では、繁華街でクラスターが発生している松山市内は公道でのリレーが中止になりました。

公道を走る代わりとなったのが、点火セレモニーです。松山市を走る予定だった18組27人のランナーが一定の間隔で並び、トーチキスをしながら聖火をつなぎました。

式は関係者のみで、無観客で行われました。

22日は県内で感染対策を行いながらランナーが公道を走る聖火リレーが行われ、23日からは九州に入り、大分県でスタートします。