日テレNEWS
社会
2021年4月24日 1:39

東京“N501Y”160人 2番目の多さ

東京“N501Y”160人 2番目の多さ
(c)NNN

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3度目の緊急事態宣言が出される東京都内で、新たに759人の感染が確認されました。

東京都内の新たな感染者は、10歳未満から90代までの759人で、金曜日で700人を超えるのは、1月29日以来です。

感染経路別では家庭内感染が174人で最も多く、職場内感染が66人、施設内感染が51人でした。クラスターが発生している大学の相撲部では新たに7人の感染が判明し、感染者はこれで36人となりました。

また、50代から90代まで5人の死亡が確認され、うち1人は変異株に感染していました。都内での変異株感染者の死亡は2人目です。一方、これまでで2番目に多い160人が、感染力の強い「N501Y」変異株に感染していました。

変異株クラスターも相次いでいて、老人ホームでは、入所者19人が感染したほか、同じ工場で働く従業員6人の感染が新たに判明し、この工場での変異株感染者は13人となりました。

23日の感染者160人は、303人の検体を調べて判明したもので、陽性率も上がっていて、変異株の感染が拡大しています。都内の変異株の感染者は、1188人となりました。