日テレNEWS
社会
2021年5月12日 14:25

岡山県 国に“まん延防止”の適用を要請

岡山県は新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、飲食店への時短要請を、岡山市・倉敷市全域に拡大することなどを決めました。また、国にまん延防止等重点措置の適用を要請しました。

岡山県・伊原木隆太知事
「より強い措置を講じなければ、感染拡大は止められないと考えています」

伊原木知事は、県内の感染状況は「ステージIV」に達したと説明しました。この状況を踏まえ、国にまん延防止等重点措置の適用を要請しました。

また、岡山市中心部の飲食店を対象に行っている時短要請について、14日から今月31日まで、岡山市・倉敷市全域に拡大する一方、新たに酒の提供は、終日行わないよう求めます。

さらに両市の大規模な集客施設についても、午後8時までの時短要請を行った上で、全県民に対しては、夜間だけでなく、日中も不要不急の外出を控えるよう求めています。

県内の病床使用率は、過去最悪の71.1%に達し、医療機関に延期できる入院・手術を一時停止することも求めました。