日テレNEWS
社会
2021年5月31日 17:14

福井県の聖火リレー“ふさわしい”中学生も

聖火のいまを伝える「聖火いまココっ」。土日は福井県を走り、31日は石川県で聖火をつないでいます。

 ◇◇◇

全国で31番目の聖火リレーとなった福井県。最初のランナーは、バレーボール元日本代表の荻野正二さんです。澄みわたる青空の下笑顔で走り抜けるランナーたち。そんななか、聖火リレーにふさわしい中学生も参加していました。

「(Q お名前を教えてください?)五輪叶です」

五つの輪と書いて「五輪(いつわ)」、名前は「叶(かなう)」、人々の希望がこもった聖火をつなぐ役割を彼が果たしました。

五輪叶くん「人生に残る、いい思い出になると思います」

2日目のスタートランナーは、フェンシング東京五輪代表で2児の母でもある佐藤希望選手。

「(東京オリンピック!)がんばるぞ!」

2日間つないできた福井県の聖火リレー。アンカーは俳優の津田寛治さんです。

俳優・津田寛治さん「炎を僕自身もつなぐ一員になれたことがすごく誇らしくて」

そして31日、聖火は石川県へ。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて公道でのリレーは中止になりました。代わりに金沢城公園で無観客での点火セレモニーなどが行われ、1日は石川県七尾市で聖火を移すトーチキスが行われるということです。