日テレNEWS
社会
2022年3月14日 13:44

国道48号で雪崩、約15キロ通行止め 宮城と山形の県境近く

国道48号で雪崩、約15キロ通行止め 宮城と山形の県境近く

14日未明、宮城と山形の県境近くの国道で雪崩が発生し、約15キロの区間が通行止めとなっています。

14日午前1時20分ごろ、仙台市青葉区作並の国道48号で幅約10メートル、高さ約5メートルの雪崩が発生しました。

雪崩が起きたのは関山トンネルから仙台側に約2キロの場所で、雪崩に巻き込まれた車は確認されておらず、ケガ人はいませんでした。

この雪崩の影響で国道48号は仙台市青葉区作並から山形県東根市までの約15キロの区間が通行止めとなっていて、解除の見通しは立っていないということです。