日テレNEWS
社会
2021年6月17日 20:53

“ひょっこり”反対車線に…危険運転 愛知

“ひょっこり”反対車線に…危険運転 愛知
(c)NNN

“ひょっこり”と反対車線にはみ出す危険な運転をカメラが捉えていました。

15日午後6時ごろ、愛知県内で撮影された映像には、速度を緩め、ハザードランプを点滅させながら走行する黄色の軽乗用車が映っています。クラクションを鳴らす様子もあります。

おかしな動きをみせる車が、次の瞬間“ひょっこり”とはみ出す危険な運転をしました。車は、蛇行運転を続け、反対車線の対向車は脇に寄り、避けて運転しています。

その後も、車は対向車が来ているにもかかわらず、何度も反対車線に、はみ出します。さらに、センターラインをまたいで走行しました。危険な運転を繰り返していました。

撮影した男性は「後ろにいる自分たちですら怖いなという。この後どういう動きをするのかわからず怖いな、という思いですし、対向車線にいる方も怖い思いをしたのではないか。ランダムに車線をはみ出しているのではなくて、対向車が来たタイミングでわざとはみ出して、驚かすような動きをしていたので、かなり悪意があるのではないかと」と恐怖を感じたといいます。

撮影した男性は「かなり危険な運転で本当にやめてほしいなと思いますね」と話していました。