日テレNEWS
社会
2021年6月19日 20:34

エレキの神様・寺内タケシさん死去 82歳

エレキの神様・寺内タケシさん死去 82歳

『ブルージーンズ』のバンドマスターとして活躍したギタリストの寺内タケシ(本名・寺内武)さんが18日、器質化肺炎のため横浜市内の病院で亡くなりました。82歳でした。

1962年に「寺内タケシとブルージーンズ」を結成、その後はエレキブームの仕掛け人となり、加山雄三さん主演の映画「エレキの若大将」等にも出演。ヒット曲「運命」「津軽じょんがら節」など多数の名曲を生み出し、世界中のエレキファンから“エレキの神様”として親しまれてきました。

近年はエレキ禁止令に端を発し、エレキギターの証明のために始めた「芸術鑑賞会・ハイスクールコンサート」が青少年教育の分野で評価を受け、2004年には文化長官表彰、2008年秋には叙勲で長年のボランティア活動に対し緑綬褒章を受章するなど精力的に活躍してきました。

所属レコード会社によりますと、葬儀・告別式は近親者のみで執り行い、後日お別れの会を開く予定だということです。