日テレNEWS
社会
2021年7月8日 7:57

【天気】大雨の警戒範囲拡大 厳重な警戒を

【天気】大雨の警戒範囲拡大 厳重な警戒を
(c)NNN

西日本から関東の南岸にかけて、梅雨前線が停滞しています。湿った空気が流れ込み、中国地方では非常に激しい雨も観測されています。8日も西日本を中心に、大雨のおそれがあり、土砂災害や河川の増水などに厳重な警戒が必要です。

●中国地方に活発な雨雲
8日明け方から、中国地方で活発な積乱雲が発生しています。広島県内では非常に激しい雨を観測しており、土砂災害の危険度が急速に高まっています。広島県、岡山県、島根県、鳥取県、兵庫県に「土砂災害警戒情報」の出ている地域があります。厳重な警戒が必要です。近畿、九州北部でも、雨脚の強まるところがあるでしょう。

■1時間雨量
東広島(広島) 52.5ミリ
本郷(広島)  51.0ミリ
竹原(広島)  51.0ミリ

■予想雨量(8日朝から9日朝まで、多いところ)
九州北部  150ミリ
中国    120ミリ
近畿・東海 100ミリ
北陸     70ミリ

■予想雨量(9日朝から10日朝まで、多いところ)
九州北部    100~150ミリ
中国・北陸・東北 50~100ミリ

●8日の天気
九州から北海道にかけて「くもりや雨」となるでしょう。特に、山口、島根、広島、兵庫、大阪、京都、滋賀では「非常に激しい雨」のところがあるでしょう。また、九州北部~東海では「激しい雨」のところがあるでしょう。東京も雨が降ったりやんだりの梅雨空が続きそうです。

●8日の気温
四国・九州・沖縄では真夏日のところが多いでしょう。宮崎は34℃まであがりそうです。九州では熱中症に警戒が必要です。

■予想最高気温
札幌  25℃、+4、7月中旬
仙台  24℃、+2、6月下旬
東京  26℃、-4、6月中旬
名古屋 28℃、+2、6月下旬
大阪  29℃、+1、6月下旬
広島  30℃、±0、平年並み
福岡  32℃、-1、7月下旬