日テレNEWS
社会
2021年7月15日 15:29

きょうも所々で雷雲発生 天気の急変に注意

きょうも所々で雷雲発生 天気の急変に注意
(c)NNN

15日(木)も湿った空気や上空の寒気の影響で、関東から西日本の所々で局地的に雷雨となっています。

関東地方では昼前から所々で雨雲が発達し、さいたまでは午後0時47分までの1時間に、33.0ミリの激しい雨が降りました。レーダーの解析では、1時間に50ミリ以上の、バケツをひっくり返したような非常に激しい雨が降ったところもあり、道路が冠水したところもあるようです。

午後3時現在、関東から九州の所々で積乱雲が発達していて、局地的に激しい雨が降っているところがあります。短時間に強い雨がザッと降る、長く降り続くようなものではありませんが、道路の冠水や、川が増水するなどのおそれがありますので、注意が必要です。
また、今降っていなくても、この後天気が急変するおそれがあります。突然の強雨や落雷、突風にもご注意ください。ここ数日、広い範囲で不安定な天気が続いています。

ただ、日本付近に居座っている上空の寒気は、16日(金)以降、東日本から抜けていきますので、関東ではひさしぶりに安心して洗濯物が干せる天気が訪れそうです。しかし、西日本では、週末にかけて上空の寒気や湿った空気の影響で、引き続き不安定な天気が続きそうです。