日テレNEWS
社会
2021年7月20日 18:56

小山田氏辞任…橋本会長「責任は私に」謝罪

小山田氏辞任…橋本会長「責任は私に」謝罪
(c)NNN

東京オリンピックの開会式の一部楽曲を制作したミュージシャンの小山田圭吾氏が過去のいじめに関する発言が原因で辞任したことを受け、組織委員会の橋本会長は「心を痛めた方におわびしなければならない」と謝罪しました。

橋本会長「責任は私にあります。しっかりとチェックしていくことができていなかったということであります。今回の問題は、多くの心痛めた方々に対しておわびをしなければならない」

小山田氏は、障害者などをいじめていたと過去に雑誌のインタビューで発言していて、開会式への関わりを問題視する声が上がっていましたが当初、組織委員会は、本人が謝罪しているとして続投させる意向でした。

この対応に、橋本会長は「大会の柱である差別のない多様性と調和を発信することにはずれている」「対応が遅れたことはおわびしなければいけない」と陳謝しました。

また、武藤事務総長も「任命責任は我々にある」とし、「開会式を恥ずかしくないものにしていくのが重要で全力をつくしたい」と述べました。