日テレNEWS
社会
2021年7月23日 16:59

オランダ、チェコ新たに3選手感染、棄権に

オランダ、チェコ新たに3選手感染、棄権に
(c)NNN

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は、あらたに選手3人を含む大会関係者19人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表しました。

組織委員会によりますと、感染が確認された大会関係者19人のうち4人は日本在住の人、15人は海外から来日した人です。

来日した15人のうち選手は3人で、このうち1人はチェコのビーチバレー女子選手で、24日、日本のペアと対戦する予定でした。さらに、チェコ代表から自転車の男子選手も感染が確認され、これで、チェコの選手団の感染者は選手4人と関係者2人の6人となりました。

このほか、オランダ代表のテコンドーの女子選手の感染が確認されています。両国のオリンピック委員会などによりますと、3人とも棄権になるということです。

今月1日以降、組織委員会が発表した感染者は、あわせて106人となりました。