日テレNEWS
社会
2021年8月16日 4:05

九州で再び非常に激しい雨の恐れ 厳重警戒

記録的な大雨となった九州で、ふたたび非常に激しい雨が降るおそれがあり、厳重な警戒が必要です。

15日は、午後になっていったん雨が弱まりましたが、これまで降った大雨で、九州から東北の広い範囲で土砂災害の危険度が高くなっています。

今後の雨の予想です。16日は九州付近で前線が活発になり、九州では、朝から断続的に非常に激しい雨が降るでしょう。中国・四国から関東でも、所々で雨が降りそうです。

17日になると、九州のほか、中国地方や四国でもふたたび雨脚が強まるでしょう。

16日夕方までの予想雨量は、九州で180ミリ。その後、17日夕方にかけて、九州で100ミリ~200ミリ、中国、四国で100ミリ~150ミリなどとなっています。

少しの雨でも新たな災害が発生するおそれがあり、土砂災害などに厳重な警戒が必要です。