日テレNEWS
社会
2021年11月29日 14:28

ナミビア滞在し、入国した1人 コロナ陽性

ナミビア滞在し、入国した1人 コロナ陽性
(c)NNN

「オミクロン株」拡大への懸念が強まる中、厚生労働省は、アフリカ南部のナミビア滞在歴があり、28日、成田空港に入国した1人が新型コロナウイルス検査で陽性となったと発表しました。

ナミビアは日本政府が水際対策の強化で、10日間の隔離が必要とした指定国の9か国のうちの一つです。陽性が確認された1人は30代の男性で発熱の症状を示しているということで、現在、家族2人とともに検疫が指定する施設で待機しているということです。

厚労省は、国立感染症研究所でゲノム解析をおこなっていて、「オミクロン株」かどうか調べています。また、機内にほかに陽性者はいなかったということですが、厚労省は、機内で男性の前後2列に座っていた人たちに、濃厚接触者がいなかったか確認を急いでいます。