日テレNEWS
社会
2021年11月29日 19:48

人材確保に…“ワクチン接種で2万円”も

人材確保に…“ワクチン接種で2万円”も
(c)NNN

感染者数の減少傾向が続く中、東京都では、12月1日から飲食店の人数制限が緩和されます。客足のさらなる回復が見込まれますが、対応するだけの人材をどう確保するのか。新たな戦略に乗り出す店も出ています。

東京・赤羽にある飲食店で、来月の予約表を見せてもらいました。

赤バルRETZE赤羽店・寄木一真さん
「8名様というところ(の予約)も頂いております」

目立つのは、4人以上の予約です。東京都では、同じグループでは一つのテーブルに4人までだった飲食店の人数制限が、12月1日から8人に緩和されます。

赤バルRETZE赤羽店の寄木一真さんは、「(予約は)上々の入り方をし始めております」と話します。

これから繁忙期を迎える飲食店。しかし、その飲食店をいま悩ませているのが「人手不足の問題」です。

求人サイトを運営するdip執行役員・佐賀野淳さん
「人手不足が一気にきているタイミングだと思っています。(飲食店は)特に学生さんには人気なお仕事だったりしますので、一気に競争が激化しているとみています」

求人サイトを運営する会社によりますと、8月と比べて今月は、飲食店の求人件数が2倍近くに増えているといいます。

そこで――

求人サイトを運営するdip執行役員・佐賀野淳さん
「こちらのページになります。ワクチンインセンティブがあるお仕事特集という特集ページです」

ワクチンを接種した人に手当を支給したり、特別休暇を与えたりする「ワクチンインセンティブ」の求人を集めたホームページを、今年開設しました。

このホームページを利用するワクチン手当を導入する企業は、1か月ほどで7倍以上に増えたといいます。

   ◇◇◇

実際にワクチン手当を導入した「お好み焼 ねぎ焼十々」は、繁忙期の12月に戦力となってもらうため、10月にワクチン手当を付けて募集したところ、26人の応募があったといいます。

お好み焼ねぎ焼十々・渡邉哲店主
「新しいスタッフを採用する際に、新型コロナのワクチンを2回接種している人には、3か月在籍していただくと2万円(支払う)。実際のことをいえば、本当にスタッフ採用に対しては、すぐ欲しかった」

今月からお好み焼 ねぎ焼十々で勤務している、アルバイト(大学3年)の男性は、「ワクチン打っただけでもらえるのは、かなりいい話かなと思って、すぐ応募した」といいます。

スタッフを確保するため行った、ワクチン手当を付けた求人募集ですが、一方で、「絶対に(ワクチン接種)してくださいということはないですね」と、店主は話します。

接種していなくても、良い人材ならば採用するということです。