日テレNEWS
社会
2022年6月13日 17:00

映画監督・想田和弘さん「結婚しているはずなのに戸籍上は独身扱いなんです...」“夫婦別姓”の婚姻届受理されず 家裁に不服申し立てへ

映画監督・想田和弘さん「結婚しているはずなのに戸籍上は独身扱いなんです...」“夫婦別姓”の婚姻届受理されず 家裁に不服申し立てへ

海外で別姓のまま結婚し、東京地裁で日本でも「婚姻自体は有効」と認められた男女が13日、都内の区役所に夫婦別姓を希望する婚姻届を提出しましたが、受理されませんでした。

アメリカで別姓のまま結婚した映画監督の想田和弘さんと映画プロデューサーの柏木規与子さんをめぐっては、去年、東京地裁が判決で戸籍への婚姻関係の記載についての請求は却下したものの、日本でも「婚姻自体は有効」と認めていました。

これを受け、2人は13日、判決文とともに、結婚後の名字を選択する欄に、「夫の氏」と「妻の氏」の両方にチェックをつけた婚姻届を千代田区役所に提出しました。

区の職員「氏のところですね、チェックが夫の氏、妻の氏、両方ついているということで受理ができないので、不受理ということになります」

婚姻届は受理されませんでした。

想田和弘さん「僕らは結婚しているはずなのに戸籍上は独身扱いなんですよ」「夫婦を同姓にしたい人は同姓に、別姓にしたい人は別姓に本人の自由でいいんじゃないか」

今後、家庭裁判所に不服申し立てを行うということです。