日テレNEWS
社会
2022年6月10日 19:01

「桜を見る会」前夜祭 酒無償提供めぐり刑事告発 安倍元首相の事務所がコメント「収支報告書は適正に修正している」

「桜を見る会」前夜祭 酒無償提供めぐり刑事告発 安倍元首相の事務所がコメント「収支報告書は適正に修正している」

「桜を見る会」の前日に行われた夕食会へのサントリーによる酒の無償提供をめぐり、市民団体は10日、安倍元首相や後援会の会計責任者らが政治資金規正法違反に当たるとする告発状を東京地検特捜部に提出しました。

告発状によりますと、「安倍晋三後援会」の会計責任者については、サントリーから提供された酒などの金額を収支報告書に記載しなかった疑いがあり、安倍元首相と元公設第一秘書については会計責任者に対する監督を怠った疑いがあるとしています。

また、氏名不詳のサントリー社員は違法な寄付を行った疑いがあるとしています。

夕食会に関する収支報告書への記載をめぐっては、2020年、元公設第一秘書が政治資金規正法違反で略式命令を受けています。

告発状の提出を受け安倍元首相の事務所は、これまでの捜査結果を踏まえ、「捜査機関にはすべて真摯に協力し、その結果の処分であったと認識している」「収支報告書は処分結果を踏まえ、適正に修正している」とコメントし、サントリーは「コメントは差し控えさせていただきます」としています。