日テレNEWS
社会
2022年7月8日 16:16

安倍元首相銃撃 群馬県の山本一太知事、涙ながらに「いかなる理由があろうと断じて許すことが出来ない」

安倍元首相の銃撃を受けて、自民党の参議院議員時代、安倍元首相と近い関係にあった群馬県の山本一太知事は、「いかなる理由があろうと断じて許すことが出来ない」と話し、涙ながらに回復を願いました。

8日午後3時すぎ、群馬県の山本一太知事は取材に応じ、「速報を聞いてから、茫然自失の状況で言葉を失った。本当に驚いた。日本でこんなことが起こるとは信じられない状況」と話しました。

その上で、安倍元首相の容体が危険だという報道を受けて、「国会議員の時代から長い間お世話になった」「なんとか回復していただきたい」と涙ながらに語りました。

また「政治家としてあれだけの試練を乗りこえられてきた方ですから、必ずこの危機を乗り越えて帰ってきてくれるということを信じたい」と述べました。

さらに、「警備がしっかりされていたのかなど検証して、こういうことはあってはならないことなので、2度とこういうことが起こらないようにしていかないといけない」とし、大臣の警備などを政府で検討するよう求めました。

山本知事は自民党の参議院議員時代、安倍元首相の「応援団」を自認していて、第2次安倍内閣では内閣府特命担当大臣として初入閣していました。