×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【続報】“灯油まいた”男は「弟と祖父の再婚相手の3人暮らし」か 1人遺体で発見の火事 福岡

【続報】“灯油まいた”男は「弟と祖父の再婚相手の3人暮らし」か 1人遺体で発見の火事 福岡

2024年2月13日 17:28
【続報】“灯油まいた”男は「弟と祖父の再婚相手の3人暮らし」か 1人遺体で発見の火事 福岡
兄は「弟と祖父の再婚相手の3人暮らし」か

福岡市西区の団地から出火し、焼け跡から1人の遺体が見つかった火事で、この部屋に住む23歳の男が弟への傷害容疑で逮捕された事件です。この男が「灯油をまいた」という趣旨の話をしていることが分かりました。

福岡市西区拾六町団地の無職、浜田伊知郎容疑者(23)は、2月10日午前1時ごろ、自宅で22歳の弟を包丁で切りつけ、軽傷を負わせたとして傷害の疑い逮捕されました。

警察の調べに対し、浜田容疑者は容疑を認めています。

浜田容疑者の自宅では、事件直後に火事が発生し、焼け跡から1人の遺体が見つかっています。

その後の捜査関係者への取材で、浜田容疑者が警察の調べに対し「灯油をまいて火をつけた」という趣旨の話をしていることが分かりました。

警察によりますと、焼けた部屋には浜田容疑者と弟のほか、祖母の吉村悦子さん(74)が住んでいたということで、焼け跡から見つかった遺体は現在も連絡が取れていない吉村さんとみられています。

祖母と孫2人の3人で暮らしていたという家族ですが、浜田容疑者と交流のあった知人によりますと、当初、浜田容疑者と弟は両親と一緒に暮らしていましたが、両親が離婚し、母親と母方の祖父、祖父の再婚相手の吉村さんなどと暮らすようになります。

その後、母親と祖父も亡くなり、吉村さんと3人で暮らしていたということです。

警察は事件に至った経緯を調べるとともに、放火の疑いも視野に、浜田容疑者から事情を聞いています。

福岡放送のニュース