×

香川県の公立高校 卒業生の就職内定率は統計開始以降最高

2024年4月25日 12:03
香川県の公立高校 卒業生の就職内定率は統計開始以降最高

 この春、香川県の公立高校を卒業した生徒の就職内定率が、統計を取り始めて以来、最も高くなりました。

 香川県教育委員会によりますと、3月に香川県内の公立高校を卒業した5661人の内、就職を希望したのは884人で、この内882人が内定しました。内定率は99.8パーセントで、去年より0.1ポイント上昇し、統計をとりはじめた1997年以降で最も高くなりました。

 また公立と私立をあわせた高校新卒者の内定率も99.6パーセントで、去年から2年連続で過去最高となりました。県教委は人手不足などから、企業が高卒者を採用する動きが高まっていて、希望者が内定を取りやすい環境になったと分析しています。

    西日本放送のニュース