日テレNEWS
スポーツ
2010年5月27日 1:22

ヤクルト・高田監督が辞任 成績不振で引責

 プロ野球「ヤクルトスワローズ」の高田繁監督(64)が26日、成績不振の責任を取って辞任した。26日の試合直後、球団社長に辞任を申し入れ、了承された。

 ヤクルトは今シーズン、4月下旬に最下位に転落、26日までの成績は13勝32敗1分で借金は19となった。交流戦に入ってからも白星なしの9連敗と低迷していた。

 高田監督は緊急会見で、「ゲーム終了後に球団社長と話をしまして、ユニホームを脱ぎたいということで(球団社長に)了解を得た。自分自身は、交流戦が終わってから、もう一度よく考えようと思っていた。これ以上は球団や選手、チームに迷惑をかけられないということで、今に至りました。(選手には)監督として、大変な思いをさせて申し訳ない(と伝えた)。まだ試合が残ってますから、取り返すチャンスがあると思うので、外から見守りたいと思います」と話した。