日テレNEWS
スポーツ
2011年1月22日 17:56

準決勝で福原選手破った石川選手が優勝

 全日本卓球選手権第5日は22日、東京体育館(東京・渋谷区)で行われ、女子シングルスで初優勝を狙う福原愛選手が準決勝に臨んだ。

 今大会、全試合をストレートで勝ってきた福原選手は、同じく初優勝を狙う石川佳純選手(17)と対戦した。序盤から激しい打ち合いとなり、1ゲームずつを取り合ったところから石川選手の強打がさえ、ペースを奪われた福原選手は3ゲームを連取されてゲームカウント1対4で敗退、悲願の初優勝はならなかった。

 石川選手は決勝で藤井寛子選手を4対0で破って優勝、高校生として22大会ぶりに女王に輝いた。