日テレNEWS
スポーツ
2011年7月10日 7:01

サッカー女子W杯 日本、史上初の4強進出

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)は現地時間9日、準々決勝の日本対ドイツが行われ、日本が延長戦の末にドイツを下し、初のベスト4進出を決めた。

 日本は、延長後半3分に途中出場した丸山選手のゴールで先制。その後も、体を張った守備でリードを守りきり、ワールドカップ3連覇を狙うドイツを1対0で下した。

 日本のこれまでの最高成績は95年のスウェーデン大会のベスト8だった。日本時間14日に行われる準決勝では、スウェーデン対オーストラリア戦の勝者と対戦することになる。