日テレNEWS
スポーツ
2012年12月28日 15:50

長嶋氏「現代で最高のホームランバッター」

 プロ野球「読売ジャイアンツ」やメジャーリーグ「ニューヨーク・ヤンキース」などで活躍した松井秀喜選手が日本時間28日朝、現役引退を表明したことを受け、読売ジャイアンツ・長嶋茂雄終身名誉監督は28日、「大好きな野球を続けたいという本心よりも、ファンの抱く松井像を優先した決断だったように思う。最後の2、3年は投手と対戦する前に、ひざの故障と戦う毎日で、本人も辛かっただろう。2000年の日本シリーズ、09年のワールドシリーズで、チームを優勝に導いた大きなホームランが目に浮かぶ。個人的には、2人きりで毎日続けた素振りの音が耳に残っている。これまでは飛躍を妨げないよう、あえて称賛することを控えてきたつもりだが、ユニホームを脱いだ今は、『現代で最高のホームランバッターだった』という言葉を贈りたい」とコメントした。