日テレNEWS
スポーツ
2014年2月13日 5:05

ソチ五輪 7日目のみどころ

 フィギュアスケートは男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、日本は羽生結弦選手、町田樹選手、高橋大輔選手が複数のメダル獲得を狙う。現地時間6日に行われた団体・男子シングルSPで1位だった羽生選手は金メダルの有力候補。世界選手権3連覇中のパトリック・チャン選手(カナダ)が強力なライバルだが、エフゲニー・プルシェンコ選手(ロシア)も地元の大声援を背に、日本勢に立ちはだかる。

 クロスカントリーの女子10キロ・クラシカルには、日本の第一人者・石田正子選手が登場。前回のバンクーバー大会では30キロ・クラシカルで日本のクロスカントリー史上最高の5位に入賞しており、今回も上位進出が期待される。

 スピードスケートの女子1000メートルは小平奈緒選手が出場。現地時間11日に行われた500メートルは5位と、惜しくもメダルには届かなかった日本のエースが、この距離で再び上位を目指す。

 カーリング女子の日本は、予選リーグでここまで4戦全敗のアメリカと対戦。2勝1敗で上位につけている日本にとっては、確実に勝ち星を積み上げておきたい一戦だ。

 アイスホッケー女子は予選リーグの最終戦。日本はここまで2連敗で、すでに決勝トーナメント進出の可能性はなくなったが、ドイツを相手に初勝利を目指す。