日テレNEWS
スポーツ
2014年3月27日 22:50

世界フィギュア女子SP 浅田選手が首位

 フィギュアスケートの世界選手権第2日は27日、さいたまスーパーアリーナで女子ショートプログラム(SP)が行われ、ソチオリンピック6位の浅田真央選手が歴代世界最高の78.66点で首位に立った。

 2位はソチオリンピック銅メダルのカロリナ・コストナー選手、3位はユリア・リプニツカヤ選手。今大会を最後に引退する鈴木明子選手は4位、村上佳菜子選手は10位。