日テレNEWS
スポーツ
2014年9月10日 6:56

次の目標は? 錦織選手インタビュー

 全米オープンテニスの男子シングルスで日本人初の準優勝に輝いた錦織圭選手が、決勝戦から一夜明けた9日、アメリカ・ニューヨークでNNNのインタビューに応じ、「この経験が自信となって生きてくると思う」と大会を振り返った。

 「まあ悔しさもあり、いろんな感情もあり寝付けなかったので疲れが残っています」「グランドスラムの決勝までくるのがどれだけ大変か分かっているので、チャンスを逃したというのが一番悔やむところです」「トップ10の選手に3人、ラオニッチ、ワウリンカ、ジョコビッチと勝ち上がってこられて、5セットを2回戦って、長い試合を制して決勝まで来られた。体が強くなっている証拠。この経験が自信となって生きてくると思う」

 錦織選手は今大会、準々決勝などで4時間を超える試合を制し決勝へと進んだが、「以前より体力が強くなっている証拠だ」と自らを分析した。その上で、「再び4大大会の決勝の舞台に戻ってこられるようがんばりたい」と話した。