日テレNEWS
スポーツ
2016年8月12日 12:42

金藤が金!萩野が銀!卓球・水谷銅!7日目

金藤が金!萩野が銀!卓球・水谷銅!7日目
(c)NNN

 【リオデジャネイロ五輪 大会7日目=現地時間11日】

 柔道男子100キロ級3位決定戦で、羽賀龍之介選手がアルチョム・ブロシェンコ選手(ウクライナ)に三角絞めで一本勝ち。銅メダルを獲得した。一方、柔道女子78キロ級の梅木真美選手はアビゲル・ヨー選手(ハンガリー)に優勢負けで初戦敗退した。

 7人制ラグビー男子の準決勝で、日本はフィジーに5-20で敗れた。3位決定戦では南アフリカと対戦、14-54で敗れ4位だった。

 卓球の男子シングルス準決勝で、水谷隼選手はウラジーミル・サムソノフ選手(ベラルーシ)と対戦し、4-1で勝利。銅メダルを獲得した。五輪の卓球シングルスで日本史上初のメダル獲得。

 体操の女子個人総合決勝で、予選12位の寺本明日香選手は57.965点で8位入賞、同種目として52年ぶりの入賞となった。予選9位の村上茉愛選手は56.665点で14位だった。

 テニスの男子シングルス3回戦で、錦織圭選手はアンドレイ・マルティン選手(スロバキア)と対戦。6-2、6-2で勝利し準々決勝進出を決めた。ダニエル太郎選手は3回戦でフアンマルティン・デルポトロ選手(アルゼンチン)に7-6、1-6、2-6で逆転負けして敗退した。

 競泳は女子200メートル平泳ぎ決勝で金藤理絵選手が金メダルを獲得。同種目で日本選手が金メダルを獲得したのは、1992年バルセロナ大会の岩崎恭子以来24年ぶり。男子200メートル個人メドレー決勝では萩野公介選手が銀メダルを獲得。藤森太将選手は4位入賞。萩野選手は400メートル個人メドレーの金、800メートルリレーの銅に続き今大会3個目のメダル。優勝はマイケル・フェルプス選手(アメリカ)で、五輪競泳史上初の4連覇を達成。また、男子200メートル背泳ぎ決勝で入江陵介選手は8位だった。男子50メートル自由形準決勝で塩浦慎理選手は全体の16位で敗退。

 大会7日目を終えて、日本のメダルは金7・銀2・銅13。