日テレNEWS
スポーツ
2016年9月8日 12:46

強敵マレー撃破 錦織2年ぶり全米ベスト4

 テニスの4大大会初制覇を狙う錦織圭選手(世界ランキング7位)が全米オープン男子シングルス準々決勝でリオオリンピックの金メダリスト、マレー選手(同2位)を破り、準決勝進出を決めた。

 錦織選手はオリンピックの準決勝で敗れた因縁の相手、マレー選手を約4時間の激闘の末に3-2(1-6、6-4、4-6、6-1、7-5)で下して雪辱を果たし、2年ぶりのベスト4入りを決めた。