日テレNEWS
スポーツ
2017年9月9日 17:57

陸上100m 桐生選手、日本人初の9秒台

 福井県で行われた陸上の日本学生対校選手権・男子100メートル決勝で、桐生祥秀選手(21)が日本人初の9秒台となる9秒98を記録した。

 第5レーンの桐生選手は追い風1.8メートルの中、9秒98をマーク。伊東浩司さんが持っていた10秒00の日本記録を19年ぶりに更新する日本新記録で優勝した。自己ベストも4年ぶりに更新し、日本人史上初、夢の9秒台到達となった。

 桐生選手「9秒台出してやっと、世界のスターラインに立てたのかなと思います。うれしかったですけど、そこからまた再度、スタートをきっていきたいと思います」