日テレNEWS
スポーツ
2018年2月13日 12:15

齋藤慧選手 ドーピング検査で陽性反応

日本選手団本部は13日、平昌オリンピックのスピードスケート・ショートトラック代表の齋藤慧選手が、ドーピング検査で陽性反応を示したと、発表した。

齋藤選手はドーピングを否定しているという事だが、暫定的に出場停止措置を受け入れ、選手村からも退去するという。

齋藤選手は現在21歳で、今回初めてのオリンピック代表入りを果たしていた。違反が確定した場合は、冬のオリンピックでは、日本勢、初のケースとなる。