日テレNEWS
スポーツ
2018年2月21日 15:31

フィギュア女子SP宮原、坂本が自己ベスト

平昌オリンピック大会13日目の21日、フィギュアスケート女子シングル・ショートプログラムが行われ、宮原知子選手と坂本花織選手が出場した。

宮原知子選手は、先日行われたフィギュア団体でジャンプの回転不足などミスがあったが、短い期間で修正され、ショートプログラムでは、自己ベストを更新する完璧な演技。4位で23日に行われる、女子シングル・フリーへ臨む。

四大陸選手権で初優勝を果たすなど、急成長している坂本花織選手。演技後、「今までで一番よかった」と語ったように宮原選手に続き、坂本選手も自己ベストを更新する会心の演技を見せ、5位。メダル獲得をかけ、フリーに挑む。

また、今シーズン、グランプリファイナル優勝のザギトワ選手が世界最高得点で1位。世界選手権2連覇のメドベージェワ選手が2位となっている。