日テレNEWS
スポーツ
2018年11月26日 14:17

横審 稀勢の里に異例「激励」を決議

大相撲の横綱審議委員会は横綱・稀勢の里に対して異例の「激励」を決議した。

福岡市内で定例会合を開いた横綱審議委員会。成績不振の横綱に対して「激励」「注意」「引退勧告」の順に3段階の勧告がある中、稀勢の里に対して全9委員が満場一致で「激励」とすることを決議した。

稀勢の里は、去年の夏場所から年6場所制以降、横綱として最長となる8場所連続休場。その後、秋場所で10勝を挙げたものの、九州場所では横綱として87年ぶりとなる初日から4連敗を喫し、途中休場していた。

会合後に会見した北村委員長は―。

北村正任委員長「(Q来場所出られない場合『引退勧告』もありうる?)考えなきゃいけないかもしれません。かなり厳しい見方をしなければいけないと思っています」