日テレNEWS
スポーツ
2018年12月9日 11:55

紀平梨花、真央さん以来13年ぶりの快挙

フィギュアスケートの紀平梨花選手(16)が快挙。シニア1年目でグランプリファイナル優勝を果たした。

ショートプログラムで今シーズン世界最高得点をマークした紀平選手は、フリーでもトリプルアクセルからの連続ジャンプを決めるなど、平昌金メダリストのザギトワ選手をおさえて優勝した。

日本勢でシニア1年目のファイナル制覇は、浅田真央さん以来13年ぶりの快挙で、紀平選手は「想像はしていなかったけど、練習を頑張ってきて良かった」と、コメントしている。

GPファイナル結果
優勝:紀平梨花       233.12
2位:A・ザギトワ     226.53
3位:E・トゥクタミシェワ 215.32