日テレNEWS
スポーツ
2021年4月22日 22:37

開幕4連勝 G高橋で首位阪神とゲーム差2

開幕4連勝 G高橋で首位阪神とゲーム差2
(c)NNN

22日、東京ドームで行われた巨人対阪神で、巨人の先発・高橋優貴投手が6回6安打3失点と粘りの投球で開幕4連勝を飾りました。巨人は阪神に8対3で勝利し、首位阪神とのゲーム差は2となりました。

巨人の先発は、今シーズン3戦3勝と絶好調の高橋優貴投手。初回、いきなり2アウト満塁のピンチを迎えますが、阪神の大型ルーキー・佐藤輝明選手をセンターフライに抑え、無失点で切り抜けます。

高橋投手は3回に1失点、6回には阪神・北條史也選手に2ランホームランを浴びますが、6回までを3失点にまとめます。

巨人は初回に岡本和真選手の2点タイムリーツーベース、2回には坂本勇人選手の2ランホームランが飛び出し、計8得点の猛攻。8対3で阪神に勝利し、高橋投手は開幕4連勝。この勝利で2位巨人と首位阪神のゲーム差は2となりました。

試合後、原監督は先発の高橋投手を「粘り強く3点に抑えた。成長のあとが見える」と称賛しました。

高橋投手は、「反省する点が多かった。思うようなピッチングではなかったけれど、色んな人に助けられて勝利することができた」と、大量得点を挙げたチームに感謝しました。