日テレNEWS
スポーツ
2021年5月14日 11:07

錦織圭8強ならず 世界6位ズベレフに惜敗

錦織圭8強ならず 世界6位ズベレフに惜敗

テニス四大大会・全仏オープンの前哨戦で、クレーコートを使用しているBNLイタリア国際(ATP1000・イタリア)。男子シングルス3回戦が現地時間13日に行われ、世界ランキング45位の錦織圭選手(31)が、世界ランキング6位のA・ズベレフ選手(24=ドイツ)と対戦しました。

過去の対戦成績で、ズベレフ選手に1勝3敗と負け越している錦織選手は第1セット、2つのブレークに成功するなど6-4で先取します。しかし続く第2セット、ズベレフ選手に5ゲームを連取されるなど、3-6でこのセットを落とします。迎えた最終第3セット、錦織選手は先にブレークに成功し、序盤の3ゲームを連取。

しかし、第6ゲームからズベレフ選手に5ゲームを連取され、試合時間2時間52分のフルセットに及ぶ熱戦の末、6-4、3-6、4-6で惜敗。3回戦敗退で、ベスト8入りを逃しました。

錦織選手は次戦、現地時間30日に開幕する全仏オープンに臨む予定です。

写真:ロイター/アフロ