日テレNEWS
スポーツ
2021年5月17日 13:50

松山英樹 マスターズ以来の復帰戦は39位

松山英樹 マスターズ以来の復帰戦は39位

◆米男子ゴルフツアー、AT&Tバイロン・ネルソン最終日(現地時間16日・テキサス州)

3日目を終えて首位と10打差、44位タイの松山英樹選手(29)は最終日、10番からスタート。

14番でこの日最初のバーディーを奪うと、さらにパー3の17番では、約7mのバーディーパットを決めるなど、前半だけでスコアを2つ伸ばしました。

しかし後半、2つバーディーを奪うも、2つのボギーをたたいてしまった松山選手。最終日は4バーディー、2ボギーで通算12アンダー。優勝した4月のマスターズ以来、約1か月ぶりに臨んだツアー復帰戦は39位タイで終えました。

次戦は、現地時間20日に開幕する全米プロゴルフ選手権に出場予定。松山選手は「今週はあまり良くなかったので、少しでもいい状態で挑めるように、少しでもいいところで回れるように頑張りたい」と、海外メジャー2勝目が期待される大会へ向け、意気込みを語りました。

■結果
優勝    李京勲(韓国)-25
----------------
13位タイ 小平智    -17
39位タイ 松山英樹   -12


※写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ