日テレNEWS
スポーツ
2022年7月20日 18:52

巨人・岡本和真 “2度の大ファウル”も最後は見逃し三振 7月はホームラン1本のみ

巨人・岡本和真 “2度の大ファウル”も最後は見逃し三振 7月はホームラン1本のみ
巨人・岡本和真選手

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-巨人(20日、神宮球場)

巨人は初回、ヤクルト先発の高橋奎二投手から、1番吉川尚輝選手、3番丸佳浩選手がヒットを放ち、1アウト1、2塁と先制のチャンスを作ります。

打席には4番岡本和真選手。2ボールからの高めのストレートを捉えた大きな当たりは、レフトへのファウルに。さらに4球目、またも高めのストレートを捉えますが、またも打球はレフトのポールの外。

最後は5球目のスライダーに手が出ず、見逃し三振。この回巨人は得点を奪えませんでした。

岡本選手は前日の試合は5打数ノーヒット。7月のホームラン数はわずか1本と、最近打撃面で結果を残せていません。