日テレNEWS
スポーツ
2021年6月6日 13:41

松山英樹「池ポチャ」で54位タイに後退

松山英樹「池ポチャ」で54位タイに後退

◆米男子ゴルフツアーザ・メモリアル・トーナメント3日目(現地5日、オハイオ州)

初日の悪天候の影響で、3日目は第2ラウンドの未消化分と第3ラウンドが行われました。マスターズ王者の松山英樹選手(29)にとっては2014年に自身初の米ツアー優勝を飾った相性のいい大会。第2ラウンド終了時点で通算3アンダー、首位と7打差15位タイとしますが第3ラウンドはスコアメークに苦しみます。

前半、パーセーブを続けますが6番をボギーとすると、8番でもボギー。後半もボギーが先行し、スコアを3つ落とします。14番で最初のバーディーを奪うも16番(パー3)では、ティーショットを痛恨の「池ポチャ」。3パットも重なりトリプルボギーとしてしまいます。

17番をバーディーとしますが最終18番もボギーフィニッシュで、3日目は2バーディー、6ボギー、1トリプルボギーの「79」で、通算4オーバー。54位タイに順位を下げ最終日に臨みます。

ラウンド後、松山選手は「なかなかいいプレーができなかったですし、ちょっとしたズレが大きなミスにつながっている。そこをあした修正して、いいプレーをして終わりたい」と語りました。

■主な成績(3日目終了時)
1位タイ  C・モリカワ-12
      P・カントレー-12

54位タイ 松山英樹+4

写真:ロイター/アフロ