日テレNEWS
スポーツ
2021年6月23日 21:40

楽天・田中が14年ぶり2度目のボーク

楽天・田中が14年ぶり2度目のボーク
(c)NNN

23日、メットライフドームで行われたプロ野球・西武対楽天。楽天の先発・田中将大投手がプロ1年目の2007年以来14年ぶり2度目のボークを記録しました。

田中投手は初回。2番・源田壮亮選手にフォアボールを許し、3番・栗山巧選手を迎えた場面。源田選手が盗塁する動作を見せると、投球動作に入っていた田中投手はけん制のそぶりを見せ、審判からボークの判定を受けました。

このボークで源田選手が二塁に進みピンチをつくると、栗山選手にタイムリーを打たれ1点を失います。それでも続く4番・山川穂高選手、5番・中村剛也選手を2者連続三振に仕留め、最少失点で切り抜けました。