日テレNEWS
スポーツ
2021年7月12日 10:38

ジョコビッチ ウィンブルドン3連覇

ジョコビッチ ウィンブルドン3連覇

◇テニス・ウィンブルドン選手権 男子シングルス決勝(現地時間11日・イギリス)
◇N・ジョコビッチ 3(6-7、6-4、6-4、6-3)1 M・ベレッティーニ

ウィンブルドン3連覇を目指すN・ジョコビッチ選手(34=セルビア)は、四大大会初優勝を狙うM・ベレッティーニ選手(25=イタリア)と対戦しました。

過去の対戦成績では、ベレッティーニ選手に2勝、負けなしのジョコビッチ選手。第1セットはタイブレークの末に落としますが、続く第2セットでは世界ランキング1位の本領を発揮。序盤に4ゲームを連取するなど、このセット6-4で奪い返し、勢いに乗ります。

第3・第4セットはベレッティーニ選手に隙を与えず、1度もブレークを許さなかったジョコビッチ選手。3時間23分の熱戦を、6-7、6-4、6-4、6-3で制し、ウィンブルドン3連覇を達成。この大会、6度目の優勝を果たしました。

これでジョコビッチ選手は、四大大会通算20度目の優勝となり、R・フェデラー(39=スイス)とR・ナダル選手(35=スペイン)が持つ男子の四大大会歴代最多優勝記録に並びました。

さらに2021年の四大大会では、ここまで全豪オープンと全仏オープンも制しており、8月末に開幕する全米オープンで優勝を果たすと、史上3人目の「年間グランドスラム」達成となります。


写真:AFP/アフロ