日テレNEWS
スポーツ
2021年9月1日 16:36

横綱白鵬の宮城野部屋で感染者 協会発表

横綱白鵬の宮城野部屋で感染者 協会発表
(c)NNN

日本相撲協会は1日、横綱白鵬も所属する宮城野部屋の新十両・北青鵬が新型コロナウイルスに感染したことを発表しました。芝田山広報部長は「風邪の症状がでたということで検査を受けたところ陽性反応が出ました」と、感染までの経緯を説明しました。

また、「みんなが濃厚接触者にあたるのではないかと思います。他の関取衆を含む幕下以下の若い者もみんな検査にまわっているが、明日の結果になるのではないか」と、現在の状況を明らかにしました。

今月12日からの秋場所出場に向けては、「初日までに2週間を切っていますので、ウイルスの量だとか症状だとか、今のところはわかりませんので、本場所には間に合わない可能性もある。途中出場は状況によってあるかもしれないけれども、他の者が順次感染していたら非常に厳しい状況にはなる可能性がある」と、白鵬を含めた宮城野部屋全力士が、秋場所を全休する可能性も示唆しました。

宮城野部屋では、今年1月に白鵬が新型コロナウイルスに感染し、同部屋の力士全員が初場所を全休していました。