日テレNEWS
スポーツ
2021年9月3日 18:03

国枝慎吾はダブルスで銅メダル獲得ならず

国枝慎吾はダブルスで銅メダル獲得ならず

◇3日、東京パラリンピック・大会11日目、車いすテニス男子ダブルス3位決定戦、国枝慎吾&眞田卓ペア 0-2(3-6、2-6) T・エフベリンク&M・スヘファースペア、有明テニスの森

銅メダルを目指し3位決定戦に臨んだ国枝慎吾選手と眞田卓選手ペアがオランダのペアと対戦しました。

第1セット、国枝選手が強打で崩し、眞田選手が決める見事なコンビネーションを見せます。さらにブレークチャンスで国枝選手がフォアハンドのクロスからフォアハンドの逆クロス。第4ゲームで先にブレークします。しかしその後、国枝選手が4日のシングルス決勝で対戦するエフベリンク選手に強烈なショットを決められるなど、3度のブレークを許し、第1セットを落としました。

続く第2セット、オランダペアにマッチポイトを握られると、最後は国枝選手が痛恨のダブルフォルト。3位決定戦で敗れ、銅メダル獲得はなりませんでした。シングルス決勝のエフベリンク選手との再戦へ向け国枝選手は、「もちろんめちゃくちゃ勝ちたいですけど、最初の1ポイント目から最後まで僕がガッツポーズするまで振り切りたいと思います」と決意を新たにしました。


写真:SportsPressJP/アフロ