日テレNEWS
スポーツ
2021年10月28日 15:52

西武育成1位・古市尊 強肩武器に正捕手へ

西武育成1位・古市尊 強肩武器に正捕手へ

プロ野球・西武ライオンズは28日、ドラフト育成1巡目で指名し、交渉権を獲得した徳島インディゴソックスの古市尊選手に指名挨拶を行いました。

公立の香川県立高松南高校出身の古市選手は、卒業後は大学に進学せず独立リーグの徳島インディゴソックスに入団。強肩を武器とする捕手です。

以下、古市選手のコメント

今日この指名あいさつの場を受けて、プロ野球選手になるんだという実感が湧きました。

埼玉西武ライオンズは打撃が強いチームというイメージです。ライオンズには徳島インディゴソックスの先輩もいらっしゃいますし、とても心強く思います。同じ捕手の森友哉選手とは同じチームになりますので、捕手の技術を学びたいです。

これからはより厳しい世界に飛び込むことになりますが、1月の新人合同自主トレーニングでは、自分のアピールポイントである肩の強さを見せることができるように今からしっかり準備をしていきたいです。

また、さらに高いレベルでプレーするにあたって、自分の肩の強さがどこまで通用するのかというのは楽しみでもあります。

目指すところとしては、育成選手からスタートしたという点で福岡ソフトバンクホークスの甲斐選手です。

写真:西武ライオンズ提供