日テレNEWS
スポーツ
2021年11月23日 23:15

決勝HRサンタナ「打った瞬間わかった」

決勝HRサンタナ「打った瞬間わかった」
(c)NNN

◇日本シリーズ2021 第3戦ヤクルト5-4オリックス(23日、東京ドーム)

1勝1敗で迎えた第3戦は1点を争う好ゲーム。ヤクルトは1点を追う7回裏、サンタナ選手が2ランを放ち、5-4で勝利。ヤクルトが対戦成績を2勝1敗としました。

以下、サンタナ選手のインタビュー主な一問一答

――東京ドームのファンの大歓声を受けていかがですか?

「最高な気持ちですね。とにかく勝ったので最高です」

――サンタナ選手のホームランで勝利が決まりました。7回の場面どんな気持ちでバッターボックスに向かいましたか?

「とにかく強く振れる球を待っていました。一球で仕留めた事が良かったので、結果的に最高でした」

――打球がライトスタンドに突き刺さって場内も大きく盛り上がりました。手応え、感触、そして歓声はいかがでしたか?

「打った瞬間、わかりましたね」

――スワローズベンチも大きく盛り上がりました。チームメートの祝福はいかかがでしたか?

「とても気持ちが良かったですね。チームメートが僕の打った瞬間に盛り上がって、自分は本当にすごい体験をしているんだなと思いました」

――今日もその泥だらけのユニホームが示すような全力プレーに場内からも大きな声援が送られました。日々どのような思いでプレーされているでしょうか?

「常に全力でプレーするというのが自分の持ち味です」

――これでスワローズが2勝1敗と勝ち越しました。明日以降に向けて最後にファンの方々にメッセージをお願いします。

「マダ、オワッテナイ」