日テレNEWS
スポーツ
2021年12月8日 23:18

日ハム近藤 新庄監督から「楽しもうぜ」

日ハム近藤 新庄監督から「楽しもうぜ」
(c)NNN

プロ野球・日本ハムの近藤健介選手が契約を更改し、1億9500万円から6000万円アップのチーム最高額となる2億5500万円(いずれも推定)でサインしました。

今シーズン133試合に出場し、打率.298、本塁打11、打点69、出塁率.413という成績を残し、東京五輪では侍ジャパンの一員として金メダルを獲得しました。

「今年の成績では僕が球団の人でもなかなか上げづらい成績だと思うのでそこには感謝してます」と今シーズンの成績を振り返りつつ、年俸アップを喜びました。

BIGBOSSこと新庄監督の印象を問われると「この前ファンフェスのときに初めて会いましたけど、かっこいいなっていうのが第一印象ですし、華やかだなっていうのもテレビを見てて思ったので、もうその通りの印象でした」と話し、また「『楽しもうぜ』っていうのは言われました」と新庄監督からかけられた言葉を明かしました。

来季の目標については「目指せ吉田正尚なんで」と侍ジャパンのチームメートの名前を挙げ、「最低でも20本くらい。30本にしときますか(笑)20本くらいは打ちたいので。なおかつ率も3割2~3分はいきたいですし、打点も4番を打たせてもらいましたけど、勝つためには必要だと思うので、そこも意識したいですし、意識することが山積みで大変です」と高い目標を掲げました。