×

青森の64歳男性がタケノコ採り遭難 鹿角市

2024年5月16日 11:55
青森の64歳男性がタケノコ採り遭難 鹿角市

15日、鹿角市の山林に入り、タケノコ採りをしていた64歳の男性の行方がわからなくなっていて、警察などが捜索しています。(16日午前11時現在)

行方が分からなくなっているのは、青森県三戸町の佐藤宏さん64歳です。

鹿角警察署の調べによりますと、佐藤さんは15日午前8時半ごろ、タケノコ採りをするために妻と親戚と合わせて3人で鹿角市十和田大湯の山林に入りました。

その後、佐藤さんは1人で奥に入っていきましたが、戻る予定だった正午を過ぎても帰って来なかったため、妻が山の管理者を通じて警察に通報しました。

15日の警察と消防の捜索では、入山地点から約2キロ離れた場所で、500ミリリットルのペットボトル2本が入った佐藤さんのリュックとサイレンを鳴らすメガホンが見付かっています。

16日も午前6時半から捜索が行われていますが、発見には至っていません。

佐藤さんは携帯電話を持っていましたが、つながらない状態になっていて、食料は持参していないということです。

    ニュース
    テレビ
    ラジオ
    イベント・映画
    アナウンサー
    番組表
    動画配信
    ブログ
    ABSあきたアプリ
    SNS
    • ABS NEWS NNN
    • 青森の64歳男性がタケノコ採り遭難 鹿角市