×

インフルエンザ流行期 ワクチン早期接種呼びかけ

2023年10月25日 20:54
インフルエンザ流行期 ワクチン早期接種呼びかけ

秋田県医師は、インフルエンザについてワクチンの早期接種を呼びかけました。今年は流行期入りが例年になく早く医師会も今後の感染拡大を懸念しています。

県の調査によりますと、今年の県内のインフルエンザは、9月中旬に患者数が流行期入りの目安となる1医療機関あたり1人を超えました。

小泉ひろみ会長「夏にインフルエンザが流行っても一時的であったんですけど、今年はインフルエンザが徐々にではありますが右肩上がりになっているということに関しましては、やはりこれまでの、去年おととしとかのコロナ以前のインフルエンザのパターンではないと私は思っております」

秋田県医師会の小泉会長は、今後インフルエンザの感染拡大が懸念されるとして、早めのワクチン接種を呼びかけました。県内では現状、ワクチンの量は十分に確保できているということです。新型コロナウイルスは患者数が減少傾向にありますが、いまだ集団発生も確認されてるとして、医師会は併せてワクチン接種を呼びかけています。

    ニュース
    テレビ
    ラジオ
    イベント・映画
    アナウンサー
    番組表
    動画配信
    ブログ
    ABSあきたアプリ
    SNS
    • ABS NEWS NNN
    • インフルエンザ流行期 ワクチン早期接種呼びかけ