×

「ぎふ旅コイン」約20万円不正取得か 男ら4人検挙 不正受けイベントは中止に 岐阜県警

2024年5月16日 13:48
「ぎふ旅コイン」約20万円不正取得か 男ら4人検挙 不正受けイベントは中止に 岐阜県警

岐阜県の観光支援策「ぎふ旅コイン」を合わせて約20万円分を不正取得したとして、県内の男ら4人が検挙されました。

電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕されたのは岐阜市の無職の男(61)と無職の息子(31)です。

警察によりますと2人は去年7月、地域通貨「ぎふ旅コイン」を不正に取得しようとアプリで「道の駅スタンプラリー」に参加し、現地に行っていないにも関わらずGPSを偽装して行ったように入力し、計18万ポイントを不正に取得した疑いがもたれています。

「ぎふ旅コイン」は、岐阜県観光連盟が支援策として運用しているもので、ポイントは1円として加盟飲食店などで使えるということです。

いずれも容疑を認めているということで、去年11月に逮捕され懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受け、確定しています。

また、岐阜県垂井町の大学生の男性(21)と可児市の無職の男性(32)も同様の手口で合わせて2万3000ポイント不正に取得したとして、書類送検されていて、いずれも容疑を認めているということです。

スタンプラリーは去年7月から期間限定で始まりましたがこの事件をきっかけに途中で中止になっています。岐阜県観光連盟は「観光消費の拡大と周遊の促進を目的に実施したが不正が起きたことは大変残念」とコメントしています。

    • 中京テレビNEWS NNN
    • 「ぎふ旅コイン」約20万円不正取得か 男ら4人検挙 不正受けイベントは中止に 岐阜県警